法人のお客様

法人のお客様へ

不動産の価格は、簿価だ!と思っておりませんでしょうか?簿価は不動産の適正な価格ではありません。
不動産の価格を適正に把握することで、決算の数字が活かされます。不動産の単純所有から業績に活かす不動産に変えてみませんか。
適正な不動産の価値を把握して、はじめて業績を変えるスタートラインに立てます。
不動産の真の価値を見出し、不動産戦略を立てるのがわれわれ不動産鑑定士の役目です。
是非、不動産の適正な価値を見出し業績を変え、目的を達成させる手段として不動産鑑定士をご活用ください。


不動産の鑑定評価が有用なケース

≪不動産を売買、交換する際≫

不動産鑑定評価を活用することで、業務改善が図れ具体的な利益をもたらすことになるでしょう。
利用される場面を列挙しておりますので、業績を変える手段としてご活用ください。


  • 不動産の売買・交換に際し、参考価格(時価)を把握したい
  • 事業用地の取得の際、適正価格を把握したい
  • 隣接不動産を購入(または売却)する際の参考資料としたい
  • 底地、借地権を購入(または売却)する際の参考資料としたい
  • 関係会社間売買の際、税務署に対する証明書として活用したい

 

【費用の目安】

鑑定評価書 28万円~50万円/件
簡易報告書   15万円~35万円/件
物件調査報告書 4万円/件

(鑑定評価の場合)空地、駐車場、戸建なら28万円/件、底地・借地権なら35万円/件、山林や特殊案件は50万円/件を目安として設定。

≪資産価値を把握する際≫

不動産鑑定評価を活用することで、業務改善が図れ具体的な利益をもたらすことになるでしょう。
利用される場面を列挙しておりますので、業績を変える手段としてご活用ください。


  • 減損会計、賃貸等不動産の時価会計の際に適正価格を把握したい
  • 事業承継、M&Aの際の参考資料として活用したい
  • 遊休地の処分の際に適正価格を把握したい
  • 底地、借地権を購入(または売却)する際の参考資料としたい
  • 銀行融資を受ける際、担保不動産の価値を把握したい

 

【費用の目安】

鑑定評価書 28万円~50万円/件
簡易報告書 15万円~35万円/件
物件調査報告書 4万円/件

鑑定評価の場合)空地、駐車場、戸建なら28万円/件、底地・借地権なら35万円/件、山林や特殊案件は50万円/件を目安として設定。

≪担保価値の把握≫

銀行から担保を受ける際に、不動産鑑定士の経験が活かされるケースをのせております。目的を達成させる手段としてご活用ください。

  • 銀行融資を受ける際、担保不動産の価値を把握したい

 

【費用の目安】
空地、駐車場、戸建なら18万円/件、底地・借地権なら24万円/件、山林や特殊案件は35万円/件を目安として設定。

簡易報告書  18万円~35万円/件

≪地代・家賃の改定≫

不動産鑑定評価を活用することで、経費削減が行え利益をもたらすことになるでしょう。
利用される場面を列挙しておりますので、業績を変える手段としてご活用ください。

  • 共同住宅や店舗・事務所ビルの適正家賃を把握したい
  • 土地を賃貸借する際の適正地代を把握したい
  • 家賃や地代の増減額交渉の材料として鑑定評価を活用したい


【費用の目安】
新規賃料35万円/件、継続賃料45万円/件、訴訟関係60万円/件を目安に設定。

鑑定評価書 35万円~60万円/件