プロフィール

ご挨拶 
近影  不動産鑑定士をご存知でしょうか?
弁護士の先生や公認会計士・税理士の先生と違い、直接クライアントの方と接する事ことが少ないため、大半の方はご存じではないかと思います。
あまり知られていないからこそ不動産鑑定士を活用する場面が多くあります。特に相続税の申告や訴訟の際にはご利用いただいております。
不動産は、多種多様であり法人・個人を問わず、資産の中で大きな割合を占めており、不動産に関するトラブルも多く見受けられます。
私どもは、中立的な立場から不動産の調査・分析・評価・有効活用の提案を行い、常に『お客様の悩みごとを共有し、その悩みを解消すること』を目的に行動しております。
また、皆様と共に住みやすい社会を築き、地域の発展に貢献することも使命と感じ行動を続けております。
代表プロフィール
経歴 平成11年3月 大学卒業

大学時代は、体育会男子ラクロス部でのクラブ活動を中心に、休講期間中にはバックパッカーとして日々を楽しむ。
初の海外はオーストラリアへ、1か月間、Great Barrier Reef(ケアンズ)でのダイビング、エアーズロックの山登り、シドニーでの音楽鑑賞を満喫。
それ以外にもタイ、トルコ、アメリカ、バハマ、カナダ等15か国以上をバックパッカーとして旅をする。
大学3回生でのゼミで、経営研修として京セラ株式会社の経営を調査した際、京セラフィロソフィーに感銘を受ける。
         
平成11年3月 京セラ株式会社入社 経営管理部配属 

京セラフィロソフィーに感銘を受け、京セラ株式会社へ入社。
入社当初は、右も左もわからず仕事に取組む。社内システムの構築、社内展開などで実績を積む。将来独立ができる仕事をしたく、約7年間勤務した京セラを退職。不動産鑑定士を目指す。

平成18年9月 大和不動産鑑定株式会社入社 鑑定部配属

民間最大手の鑑定事務所である大和不動産鑑定株式会社へ入社。東京本社・名古屋支社・大阪本社と、8年間鑑定評価業務の経験を積む。
年間50件程度の評価書等を作成。東京駅前の数百億円の事務所ビルから無価値に近い田、畑、山林まで多種多様な不動産の評価を経験する。大阪鑑定部では、税務コンサルティングチームリーダとして、相続に絡むセミナーや案件対応も行う。

税理士試験の相続税法も2年程度勉強し、財産評価については知識と経験を持つ強みがある。

東京本社鑑定部時代に、尊敬できる鑑定士の方と仕事をしながら不動産鑑定士試験に合格。不動産の鑑定評価業務を天職と思い仕事及び勉強に取り組み大手専門学校の全国模試では全国3位の成績になる。
その頃から、『自己の可能性に限界を定めなければ、努力次第で結果が出る。』と考え行動するようになる。

平成29年3月 いずみ総合鑑定 開業

不動産鑑定事務所を開業。主に、鑑定評価業務を中心に行う現在に至る。

主な公職 国土交通省地価公示評価員
大阪府地価調査評価員
固定資産評価委員
国税局土地鑑定評価委員
国税局土地評価精通者
国税局差押不動産等登録鑑定人

その他
【特技/実績】
○高校時代、大阪高校インターハイ 棒高跳び6位
 高校3年の時に、1年間の猛特訓で大阪6位になり、近畿大会へ出場する。

○大学時代、体育会男子ラクロス部所属
 2回生でレギュラーになり、1部リーグの試合に出場する。特化した強みを持つことに心掛け、トレーニングを行う。
 ベンチプレスのMAX:115kg

○資格の学校TAC主催 不動産鑑定士全国模試で全国3位(鑑定理論は全国1位)になる。
 TAC出版の合格体験記(担当箇所)を添付しておりますので、受験生の方でご興味のある方は、ご覧になってください。


創業目的
動産の調査・分析・評価・有効活用の提案を通じてお客様の悩みを解決させ、地域社会の発展に貢献すること
経営方針
  • 依頼目的にあったサービスを提供することで、お客様の悩みを解消させます。
  • 人の喜び、地域社会の発展、住みやすい街づくりの提供をします。
行動指針(経営のこころ)

人生や仕事で立ち止まった時、常に京セラフィロソフィーを思い返します。
いずみ総合鑑定でも、この考えを行動指針として常に心に掲げて行動します。

事務所内イメージ

原理原則に従う

すべのことを原理原則に従い判断し行動します。

私たちは、いわゆる経営の常識「大抵の会社はこうだから」とうい常識に頼って安易な判断を行いません。筋の通った、道理にあう、世間一般の考えに基づき判断を行い、行動します。

パートナーシップを重視する

信頼できる仲間づくりを目指し、これをベースに仕事をします。

私たちは、縦の関係より、目標を共有し、実現していくパートナーシップという横の関係を基本とし、信頼し合える人間同士の結びつきを重視し、仕事に取り組みます

お客様第一主義を貫く

お客様のニーズに対し、徹底的にチャレンジする姿勢で対応します。

私たちは、お客様に喜んでいただくことを商いの基本と考え、サービスを提供します。

行動指針(より良い仕事をするために)

事務所内イメージ

ものごとの本質を究める

一つのことに、精魂込めて打ち込み、究めて初めて真理や本質を体得できます。
一旦本質がわかると、何事に対しても力を自在に発揮できます。

私たちは、仕事に真摯に取り組み、ものごとの本質を究めサービスを提供します。

地味な努力を積み重ねる

「素晴らしい成果」を出すためには、不断の勉強と研鑚、データの収集、情報分析、足を使った受注活動などの地味な努力が必要となります。

私たちは、地味な努力を一つ一つ積み重ね信頼を築き、業務に取り組みます。

完全主義を貫く

「90%でいいだろう。」「間違ったら消せばいい。」という安易な考えが根底にあると、自分も周囲も満足できる成果を得られません。

私たちは、最後の1%の努力も惜しみなく、仕事ではパーフェクトを求め行動します。

本音でぶつかる

責任をもって仕事をやり遂げるためには、お互いが、気が付いた点や問題点を遠慮なく指摘しあうことが必要です。

私たちは、「なあなあ」で和を保つのではなく、本当の意味でお互いの信頼関係を生み、より良い仕事をしていきます。